MENU TEL

足底腱膜炎

足底腱膜炎治療はさいたま市・桜区・西浦和駅近くにある順門堂整骨院で

マラソンをはじめ陸上競技者に発症することの多い「足底腱膜炎」。足底腱膜炎とは、足の裏にあるかかとの骨と足先にある骨を繋ぐ足底筋膜が固くなってしまい柔軟性が低下することで上手く伸び縮みすることができなくなり、歩いたり、走ったり、ジャンプなどした時に無理に引っ張られることにより炎症が起こってしまった症状のことです。

足底腱膜炎は、しばらく安静にしていれば自然に治るものではありません。放置していると炎症部分も広がってきますし痛みも強くなり、歩くことも困難になってきます。そうなる前に、さいたま市・桜区・西浦和駅近くにある順門堂整骨院で治療していきましょう。ちなみに、足底が痛いので病院で診てもらったら「足底腱膜炎」と診断され、シップが処方されたので貼っているけれど全然良くならない。歩くこともままならないほどの痛みを訴えたら注射してくれ一旦は痛みが治まったけれどまたすぐに痛くなった。これまで、複数の病院や治療院にかかってきたけれど完治しない・・・という方は、足底腱膜炎の専門治療を行えるさいたま市・桜区・西浦和駅近くにある順門堂整骨院を最後の砦と思い来院してみてください。

さいたま市・桜区・西浦和駅近くにある順門堂整骨院では、足底腱膜炎の原因・症状に応じ手技療法、物理療法、運動療法を組み合わせ、患者様にとって最良の治療・根本治療を行っております。また、再発リスク軽減のためのストレッチ法やセルフケアの仕方の指導も行っております。

当院へのアクセス情報

順門堂 整骨院

所在地〒338-0837 埼玉県さいたま市桜区田島5-19-1
メゾンフェニックスFCビル1F
駐車場2台あり
電話番号 048-762-3778
休診日土曜午後、日曜、祝日
院長山下 祐史